薬剤師としてブランクがあっても転職できた流れ

薬剤師でしたが、結婚出産で離職

薬剤師でしたが、結婚出産で離職薬剤師専門の転職サイトに登録薬剤師でブランクがあっても働ける!

薬剤師として働いていましたが、結婚して妊娠をきっかけに仕事を一旦辞めてしばらくは専業主婦として日々を送っていました。
その後子供も大きくなり手が離れたことで、再び薬剤師として働きたいと考えるようになりました。
でもブランクがあるのでスキルや知識が足りているのか不安だったし、そもそもブランクがある人を採用してくれるところはあるのかなど、心配になることも多かったです。
急に新たな働き先を求めて求人を見て応募しても、これだけのフランクがあると上手くいくことはないだろうなと思い、とりあえずブランクを少しでも埋めるために勉強することに決めました。
以前から復職に向けて勉強しておこうと思っていましたが、育児中にはなかなか自分の時間は取れず、ほとんどできていない中で何から手をつけたら良いか悩みましたが、まずは法改正や保険制度を調べました。
情報誌やインターネットを使ったり、専門の本で大まかな知識を頭に入れるように心がけて、ある程度大まかには理解できる範囲までになったところで、一人で勉強するのは限界もあるなと感じるようになりました。
専門の求人サイトを見ていると、研修制度を設けているところがあり、基礎的な知識やマナーを取り戻していくプログラムや薬歴記入の指導、新しい技術や概念を習得するためのセミナーが開催されているなど、バックアップが充実しているところが多くて、これを利用したらと思うことができました。

薬剤師の今は、転職、ブランク含め
門前によって知識量などの差が
大きい。


年齢=知識、経験値ではない

中高年世代は年功序列厳しかったので、自分より年上に教えるのは
何かと気を使う。


教えられる方もプライドが邪魔を
して素直に聞けないのだろう。


転職をする方も受け入れる方も
難しい

— Wメロン・ド・ぷりふ (@WmVZWRRd5BRwL8t) September 22, 2020

薬剤師 ブランク | ブランクのある薬剤師が賢く転職する方法